犬・猫・ウサギ・フェレットハムスター・鳥類・エキゾチックアニマルを年中無休で診療致します

院内紹介

  • HOME »
  • 院内紹介

方針・理念

『当院では、病気の治療はもちろんのこと「病気を未然に防ぐ(予防)」、「早期発見し、重篤になる前に治療する」を心がけ、日々診察をしています。
病気は私達、動物病院と飼い主様が協力をして治していくものだと信じています。だからこそ、診察室では不安なこと、わからないことは全て解消していって下さい。一頭一匹でも尊い命を助けられるよう日々精進していきます。』

 

 

画像クリックで拡大します

明るく清潔な空間です。日差しが気持ちいい待合になっています。 入ってすぐがこちらの受付になります。こちらで診察券をお渡し下さい。 診察室は複数ご用意しています。
トリミング室です。薬浴も可能です。 ここで手術を行います。 大きな窓がついているので外からも状態を確認可能。防音室・酸素室完備。
こちらにも大きな窓がついていて酸素室完備です。猫専用の部屋となります。 隔離室感染症のペットや、ワクチン接種をしていないペットを隔離する部屋です。 エキゾチック動物専用室ウサギ、フェレット、ハムスター、鳥、など、犬猫以外の動物専用室です。
ここで面会をおこないます。 体の内部の構造や病変の断面や立体画像を撮影する装置です。椎間板へルニア、骨折や腫瘍等の位置や形状のより正確な把握が可能です。  

 

安心して手術を行う事が可能です。心電図、呼吸、SpO2、体温、非観血血圧、観血血圧、CO2を測定することができます。 血液検査で貧血の有無や白血球、血小板などを測る機械です。 血液生化学検査を行う機械です。血糖値、タンパク質、肝臓や腎臓などの内臓の状態を調べる為に使用します。
電解質を測る事ができます。遠心分離によって血液や尿を分離することが可能です。 レントゲンレントゲンのデジタル画像処理をすることで、より迅速かつ正確な画像診断が可能です。 血液、尿や皮膚のサンプルを直接目で見て確認します。モニターに接続してあるので、飼主様にも実際の画像を見ていただくことができます。
腹部臓器や心臓などの内臓の内部構造を検査するための器械です。腫瘍の発見や心臓の能力を調べることができます。動物に負担を与えずに検査ができます。 食道、胃、十二指腸や直腸を内側から観察する装置です。オモチャや紐等の異物を飲み込んだときに、お腹を切らずにそれを摘出することが可能です。また消化管の内側の組織を採材するときに使用します。 回転式のカッターやヤスリと、それを動かすモータがセットになった装置です。 主にウサギやげっ歯類の歯を削る時に使用します。
手術の際組織を切断しながら同時に止血を行う装置です。出血が少なくより安全で迅速な手術の実施が可能です。 動物の体におきている炎症の程度を測定する装置です。 眼の表面や内部を検査する機械です。小さい傷や病変を拡大鏡でより正確に調べることができます。
眼の内部の圧力を測定する機械です。緑内障やブドウ膜炎等の病気の診断に使用します。 室温や酸素濃度の適正な管理が可能です。熱中症や呼吸器等の重症患者には必須の入院設備です。 消毒用の水を製造する装置です。作られた水は傷口の洗浄・消毒に使用されます。またペットボトルに入れて長期の保存も可能です。
高圧の蒸気で手術器具を滅菌する装置です。手術がより清潔に実施されるために欠かせません。 エチレンガスで手術器具を滅菌する装置です。オートクレーブでは滅菌できないプラスチック等柔らかい素材でできた器具の滅菌に使われます。 液体の吸引を行う装置です。腹腔内出血の手術の時や腹腔内を洗浄する時に、血液や汚れた洗浄液を除去します。
歯石や歯垢の除去を行う装置です。ご自宅での歯のお手入れだけでは取り切れない汚れ を落としてお口の中を清潔に保ちます。 内分泌検査器血液中のホルモンの濃度を測定する装置です。内分泌疾患を診断する際に使用されます。 血液凝固検査器血液が固まる速度を測定する装置です。血液疾患の診断に使われる他、手術の前に出血がどの程度予想されるかを調べることができます。
輸液ポンプ輸液剤を一定の速度で血管内に流す装置です。手術中や、脱水の治療等輸液が必要な時に使用されます。 電気メス電流を使って、組織を切断したり出血を止める装置です。血管の多い組織や臓器の手術の時に使用します。 血圧測定器動物の手足や尻尾の付け根で血圧を測定する機械です。小型なので持ち運びが可能です。

 

▼院内ビュー公開中

本院の様子を360度公開中 分院の様子を360度公開中

 

最新のお知らせ

スタッフブログ

PAGETOP
Copyright © みやむら動物病院 All Rights Reserved.